1. >
  2. 便利さに気付いてしまった

便利さに気付いてしまった

電子書籍は読みにくいというイメージがあり、周りで流行り出してもなかなか手を出しませんでした。

しかし一度無料のアプリを試しにインストールして読んでみると、めちゃくちゃ便利でびっくりです。

本の内容はもちろん紙のものと同じなのですが、カバンの中でぐちゃぐちゃになることもないし、雨の日に濡れるのを気にする必要もないし、何より軽いので持ち運びが便利です。

紙の本だと荷物になるのでせいぜい2、3冊を持ち歩くのが限界ですが、電子書籍は好きなだけ本が読めるので私はもう手放せません。

電子書籍で快適な日々を

移動にはいつも文庫本を持って行きたいと思っています。でも荷物が重い日などは持って行くことが出来ずに、車中で手持ち無沙汰な事が良くありました。

しかし電子書籍が普及してからは、本を置いていくことに抵抗なく車中ではスマートフォンで電子書籍を開くことが出来とても便利に読書を楽しんでいます。

電子書籍の良い所は、かさ張らずたくさんの種類の本を持って歩ける事です。

その日、その時の気分で読み物を変えられる楽しさはとても快適です。

これからもスマートフォンの中の本棚を充実させていきたいと思います。

電子書籍を買ってよかったこと

友人に電子書籍をプレゼントし、好評だったので自身でも使うことにしました。もともと漫画や本が好きだったので、家には沢山の書籍がありましたが、本棚整理等を含め、必要なもの以外は電子書籍に移行することにしました。仕事への通勤時間や寝る前の少しの時間など本を読むことが多いのですが、電子書籍なら何冊も持ち歩かずにすみ、どこでも気にせず読めるのがとても重宝しています。長時間の移動があるときも退屈せずに済むので私の生活には欠かせません。

電子書籍っていいね!

以前私は「紙の本に勝るものはない」そう思い、電子書籍に否定的でした。

インクの匂い、紙の手触り、そうしたものが感じられないものを本とは認められませんでした。

ある日、本を持たずに出かけてしまった時、カフェでの待ち合わせに相手がなかなか来ません。

することも無くスマートフォンを片手に時間を潰していました。

そんな時に電子書籍のページを見つけ開いて見ました。

以前読んでみたいと思っていた本が電子書籍になっている……読んでみたい……そう思い、購入ボタンをクリックしました。

ページをめくってみると、紙の本のような視覚効果に驚きました。インクの匂いはしませんが手でめくっているような感覚に「紙の本」を読んでいるように感じてきます。

電子書籍って結構いいかも、これが初めて読んだ時の感想です。

今では自分中での紙の本と電子書籍の活用の仕方にも区別ができ毎日楽しく読書を楽しんでいます。

雑誌に実用書、ミステリーに歴史もの。

たくさんの本に気軽に触れる事ができて幸せです。

このページのトップへ